【ウィッチャー】シリの故郷シントラについて解説【エムヒル皇帝との関係】

【ウィッチャー】シントラについて解説

シリの故郷であるシントラについて解説しています。

シントラとシリを語る上でエムヒルのことについも語らなければなりません。

 

・ドラマ「ウィッチャー」

・小説「ウィッチャー」

・ゲーム「ウィッチャー3」

これらのネタバレがあるので要注意です。

 

シントラの地理

シントラの国旗

シントラは、ノヴィグラドやヴェレンよりも南に位置しています

シントラは、国の北西に位置しているシントラ国の首都です。

 

この土地は元々「天体の合」でやってきたエルフの入植地でしたが、

人間たちがやってきてエルフを追い出しました。

 

(画像の引用元:https://www.reddit.com/r/netflixwitcher/comments/a4a5gi/possible_pictures_from_the_set/)

 

これ以降はシントラに関連のある人物について解説します

シントラを説明する上でキャラクターの説明をは欠かせません。

 

シントラ国に関係のあるキャラクター

シリ

シリ

シリは、1252年ごろに生まれました。

ウィッチャー3の時点でシリはシントラの唯一の王女です。

 

シリの両親

母親:パヴェッタ

父親:ニルフガードの皇帝であるエムヒル・ヴァル・エムレイス

エムヒルは、当時はダニーという別の名前を使用していました

 

驚きの法

ゲラルトがダニーの呪いを解いた後にゲラルトは呪いを解きました。

その報酬として「驚きの法」の下に、

ダニーはすでに持ってるが、まだ知らないもの」を要求しました。

 

このとき、パヴェッタはシリを妊娠していました。

そのためゲラルトは「驚きの法」の下にシリを娘としてもらうことになりました

そしてシリはその翌年に生まれました。

 

シリの源流

シリは古きエルフの<源流>という力を持っています。

そのためニルフガードやワイルドハントから追われることになります。

 

 

キャランセ女王

キャランセ女王

キャランセ女王はシリの祖母、パヴェッタの母親にあたります。

戦場では自身も戦い美しくも強い戦士であった。

 

17歳の時にログネル王と結婚しその2年後にパヴェッタが誕生します。

その後ログネル王は死亡し、スケリッジのエイストと再婚します。

 

キャランセ女王の最期

キャランセは1263年に死亡します。

ニルフガードによる侵攻「シントラの大虐殺」にてキャランセ女王は窓から飛び降り自殺します。

 

キャランセ女王はNetflixのドラマ(シーズン1)で登場します。

 

フォーホーンのラヴィクス

ゲーム版ではダウンロードコンテンツ第二弾の「血塗られた美酒」にて

「フォーホーンのラヴィクス」という呼び名をゲラルトに授けたとの言及があります。

ゲラルトはその呼び名でトーナメントに参加することもできます。

 

キャランセ女王はパヴェッタ王女の15歳の誕生日祝賀会に、

ゲラルトを「フォーホーンのラヴィクス」の名で招待しました。

 

パヴェッタ王女

パヴェッタ王女

パヴェッタ王女は、キャランセ女王の娘で、シリの母親にあたります。

しかしシリが5歳になる前にパヴェッタとダニーは海で亡くなったため、

シリはキャランセ女王に育てられるようになりました。

 

キャランセ女王と同じく、Netflixのドラマに登場します。

 

マウスサック

キャランセ女王に仕えるシントラの魔法使いで、スケリッジ出身のドルイドである。

シントラの大虐殺を生き延びて、ウィッチャー3ではエルミオンという名で登場します。

 

エムヒル皇帝

エムヒル皇帝

シリの父親。彼の父はファーガス・ヴァル・エムレイスという名前です。

 

昔、エムヒルは魔術師によって、人型のハリネズミの形に変えられてしまいました

これがエムヒルにかけられた呪いになります。

 

パヴェッタ王女の誕生祝賀会

呪いをかけられたダニー

エムヒルはパヴェッタの15歳の誕生日祝賀会にキャランセ女王とゲラルトの前に現れ

パヴェッタの婚約者になりました。

 

かつてダニーも驚きの法によって、

キャランセ女王の亡くなった夫であるログネル王を救出したときに、

パヴェッタを嫁にしてほしいと契約していたのです。

 

ダニーの正体

その後キャランセ女王の指示によってダニーを殺されそうになったが、

ゲラルトとマウスサックはダニーを助け、ダニーの呪いは解きました。

 

そのときは誰も知らなかったことですが、

ダニーの正体はニルフガードのエムヒルだったのです。

 

ダニーの死の偽装

パヴェッタとの婚約後(シリが生まれて数年後)ダニーはパヴェッタと海に沈んで死んでしまったとされていました。

 

しかしダニーのみ生き残っていたのです。

ここでエムヒルはダニーという人物が死んだように思わせたのです。

 

皇帝として

そして数年後にエムヒルはニルフガードの皇帝として、ニルフガードを拡大するために、

娘であるシリがいるシントラの包囲を開始しました。

 

そしてシリをとらえるためにシントラの大虐殺が起こしました

しかしシリはシントラから逃げ出してゲラルトと合流するのでした。

 

 

シントラの大虐殺とは

シントラの大虐殺

ニルフガードの侵攻

1263年、先ほども説明したようにエムヒルはシントラへ侵攻を始めました

この際にシリを除いたシントラの王室が一掃されました。

 

キャランセ女王とエイスト王はでニルフガードの侵略者からシントラを守ろうとしますが、

膨大な数のニルフガードの兵士により、シントラ軍を圧倒します。

 

エイスト王が戦闘で殺された後、キャランセ女王は退却を余儀なくされました

 

ニルフガードの属州になる

キャランセ女王の最期

重傷を負ったキャランセ女王は城に戻ります

敗北を悟った女王は、ニルフガードによる拷問を避けるために城全体に毒による自殺を命じました

その後キャランセ女王は窓から飛び出して自殺します。

 

このシントラの大虐殺以来、シントラはニルフガードの属州となりました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です