【カメオ出演】デス・ストランディングのゲストキャラまとめ

今回の記事では、デス・ストランディングにカメオ出演(ゲスト出演)したキャラクターとその演者についてまとめてみました。

デス・ストランディングにカメオ出演するゲストキャラ

デス・ストランディングに、「デッドマン」役でギレルモ・デル・トロ監督、「ハートマン」役でニコラス・ウィンディング・レフン監督が出演していることは皆さん知っていると思いますが、そのほかにもプレッパーズとして多くのカメオ出演者がいることをご存知でしょうか?

今回はデス・ストランディングのカメオ出演者についてまとめてみました。

ルーデンスマニア(演:ジェフ・ケイリー)

The Game Awardsの司会を務めた経歴の持ち主がジェフ・ケイリーです。ジェフ・ケイリーはカナダのゲームジャーナリスト/テレビプレゼンターです。

ジェフ・ケイリーはルーデンスマニアを演じており、ルーデンスマニアはデス・ストランディングで一番初めに合うことになるプレッパーズです。

ミュージシャン(演:三浦大知)

ミュージシャンを演じるのは現実でも歌手・作曲として活動している三浦大知さんです。ゲーム内では三浦大知さんの音楽を聞くことができ、三浦大知さんと交友関係のある星野源さんの音楽もデス・ストランディングで聞くことができます。星野源さんはカメオ出演していません。

エンジニア(演:伊藤潤二)

「エンジニア」はメインストーリーの配達依頼で出会うキャラクターです。 エンジニアの配達依頼を性交させると、エンジニアから移動速度を向上させるパワースケルトンをもらえます。

「エンジニア」のモデルとなったのは、伊藤潤二さんです。伊藤潤二さんは元歯科技工士の漫画家で、漫画作品はホラー要素が強めです。代表作は「富江」シリーズ、「うずまき」など。2018年のTVアニメである伊藤潤二コレクションはアプリゲームの「Identity V」とコラボしました。ちなみに小島秀夫監督と同い年だそうです。

クラフトマン(演:ハーマン・カルスト)

「クラフトマン」も「エンジニア」と同様にデス・ストランディングのストーリー中の配達依頼で彼のシェルターに訪れることになります。

「クラフトマン」のモデルとなったのは、ハーマンカルストさんです。彼は『KILLZONE(キルゾーン)』シリーズや 『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)』を手掛けた開発スタジオである元ゲリラゲームズマネージングディレクターです(コンサルティング会社から雇用された)。また、 デスストランディングではゲリラゲームズのDECIMA(デシマ)エンジンを採用しています。

K4南配送センター配送担当(演:エドガー・ライト)

エドガー・ライトさんは映画監督、脚本家です。低予算の映画を手掛けることが多い監督です。マーベル映画の「アントマン」では原案、脚本を手がけました。

コレクター(演:浜村弘一)

DEATH STRANDING®_20191207181559

「コレクター」はストーリーの配達依頼では登場することはありません。プレイヤーが自ら「コレクター」のシェルターを見つけて配送端末から依頼をこなして戻ってくることで、カイラル通信を繋いでくれるようになります。シェルター付近の壁にはファミ通の狐のマスコットキャラクター(ネッキー)が描かれています。

「コレクター」のモデルは浜村弘一さんで、一般社団法人日本eスポーツ連合副会長、N高等学校評議員を務めており、ファミ通グループ代表でもあります。

映画監督(演:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ)

「映画監督」を演じたジョーダン・ヴォート=ロバーツは現実でも映画監督です。代表作は2017年に公開された「キングコング: 髑髏島の巨神」です。

放浪のMC(演:コナン・オブライエン)

「放浪のMC」もストーリーの配達依頼では登場しないキャラクターです。詳しくは別の記事↓で書いたのでそちらを参照ください。

モデルはアメリカの人気TV司会者のコナン・オブライエンさんです。彼は「グランド・イリュージョン」「LIFE!」などの映画で本人役として登場することがあります。

カイラルアーティスト(演:モーガン 茉愛羅)

「カイラルアーティスト」はストーリーの配達依頼で登場するキャラクターで、メインキャラクター陣以外のサブキャラの中でもイベントがしっかり作りこまれていました。

「カイラルアーティスト」のモデルとなったモーガン茉愛羅さんはイギリス人の父と日本人の母のハーフだそうです。女優・ファッションモデルとして活動しています。日本語のキャラクターボイスは本人が演じています。

気象観測所配送担当(演:エロルソン・ヒュー)

エロルソン・ヒューさんはカナダ人のファッションデザイナーです。デス・ストランディングの主人公のサムの上の肌着(プライベートルームで着ている上の服)を考案したのも彼だそうです。2002年には自身のブランド「アクロニウム(ACRONYM)」を設立した。

小説家の息子(演:万丈目学)

現実では小説家で代表作は「鹿男あおによし」、「プリンセストヨトミ」など。デス・ストランディングには日本人のカメオ出演も多いです。

ベテランポーター(演:サム・レイク)

サム・レイクさんは「クォンタム・ブレイク」「CONTROL」といったゲームのコンセプトや脚本を手掛けています。ちなみに「CONTROL」には小島秀夫監督がカメオ出演しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です