【機械工学】自動車メーカーの業界用語の英訳【通訳・翻訳】

car

自動車部品メーカー完成車メーカーに就職した人が知っておくべき業界用語の英訳を解説します。

開発や研究職の人は様々なことを知っておかなければなりませんが、その入門としてこれらの知識を身につけ、専門分野を深めていったらよいと思います。

この記事は、次のような方におすすめの内容となっています。

  • 新卒で自動車業界に入社し、何から勉強したらよいか分からない人向け
  • 転職で全くことなる業界(自動車業界以外)からやってきた人向け
  • 構造設計系、生産技術といった大学の学部でいう機械工学系に所属していた人向け

 

自動車メーカーの業界用語の英訳【翻訳・通訳】

product line

production technology / Industrial technology 生産技術

どのような製造装置で製品を作るかや、工場内の製造設備のレイアウトなどを担当している部署です。

製品の開発者は、設計している製品に「生技性=製造装置で量産できる形状であるかどうか」があるかを考慮して設計する必要があります。

Injection molding 射出成型

射出成型機

参照元:Design For Manufacture 

プラスチック製品(樹脂製品)を量産できる装置のことです。

Quality control  品質管理

量産で出来上がった製品の品質を管理する部署があります。

Yield / Yield rate 歩留

自動車の部品などを製造するラインにおいて、原材料が投入されているのにも関わらず、生産量が振るわない時がある。

それは作業員の熟練度が低いからだとか、無駄な工程が入っていたり、製造機械の故障などが原因として挙げられる。

この「期待される生産量」/「実際には得られた生産数」で計算される比率が歩留である。

Maker Layout(M/L) メイカーレイアウト

メーカーレイアウトのことである。

自動車は、歯車、シート、タイヤ、モーター、シャフト、ベアリング、エンジン、バッテリーなどといった非常に多くの部品からできています。

トヨタやホンダなど皆さんが知っている完成車メーカーは、それらすべての部品を自社で作っているわけではありません。

そこで完成車メーカーは各部品をどの下請け会社に発注するかを決めることになり、それがメーカーレイアウトになります。

Second M/L セカンドM/L

セカンドM/Lという言葉もあり、第二候補のサプライヤー(部品生産会社、工場)という意味を示します。

使う場面としては「セカンドM/Lを決める(=第二候補のサプライヤーを決める)」というように使います。

サプライヤーを1社だけにしていると、そのサプライヤーの工場で火災が起こったりして工場が止まった場合に、部品を供給できなくなります。

そこで第二候補のサプライヤーを決めておくことで、万が一、第一のサプライヤーが部品を供給できなくなっても、第二候補のサプライヤーから部品を供給することができます。

火災以外にも金属や樹脂材料といった材料の調達が間に合わなくて、部品が供給できないという場合もあります。

4M change 4M変更

製品の製造ラインにおいて、ラインで製造する製品を変更するときに管理する4項目である。

  • Man(人):現場で製品の製造に携わっている作業員への指導、作業手順を決めたりする
  • Machine(機械):製造機械の調整や変更
  • Method(方法):

Larger sample size N増し

試験や分析、計測、評価などにおいて正確なデータを得るために、計測対象の数を増やすこと

1つの製品のみ評価した場合よりも、3つの製品を評価し規格値を満たしているか確認した方が、その製品の信頼性は高まります。

しかし、評価する製品の数が多いほど時間がかかるというマイナス面があります。