【英語学習】パイレーツオブカリビアン/最後の海賊で学ぶ英会話フレーズ

パイレーツオブカリビアン 最後の海賊

この記事では、海賊の映画といえば、これしかないであろう「パイレーツオブカリビアン/最後の最後」に出てくるセリフを通して英会話フレーズを勉強できます。

海外のファンタジー映画やアクション映画に出てくる英会話フレーズは、過激な発言であったり宇宙や魔法に関する英単語がよく出てきたりするので、海外での日常生活ではあまり使えないです。

そこで、この記事ではそんな洋画のセリフの中から日常生活で使えるものと使えないもので分けてまとめました。

この記事は、

  1. 映画の中で出てくるセリフの中で、日常生活で使えるフレーズを紹介
  2. 映画の中で出てくるセリフの中で、日常生活では使えないフレーズや単語を紹介

この2つに分けて英会話フレーズを紹介します。

この記事の読者にピッタリの人

この記事は以下のような人にピッタリの記事となっています。

  • 日常生活英会話フレーズを映画を通して勉強することで日常英会話フレーズを印象強く覚えたい方
  • 英単語やフレーズを学ぶことで海外ドラマやハリウッド映画を字幕なしで見たい方
  • 大学受験や大学の授業ではなかなか出てこないマイナーな英単語やフレーズを知りたい方
  • 友達同士で話すような、カジュアルでくだけた英会話表現を知りたい方

パイレーツオブカリビアンで学ぶ英会話~日常生活で使える編~

address ~ ~に話しかける

You will not address the captain, boy お前が船長に話しかけようとするな、少年。

劇中冒頭のシーンです。

Only by name 名前だけなら、、

サラザールに「Do you know this pirate? この海賊を知っているか?」を聞かれたヘンリーが答えたセリフです。

パイレーツオブカリビアンで学ぶ英会話~字幕なしで見るために編~

I’d string you from the yardarm 私ならお前を船の帆先から吊るしたよ

I’dはI would の省略で、仮定法「~だったら、~してた」という意味になります。

stringは吊るす、yardarmは帆がある船において、船の一番高いところを指します。

She is sailing toward us 船がこっちに向かってくるぞ

sailは「航行すること」、「船を操舵すること」。

ここでは、船のことをSheと言っています。こちらの記事で詳しく説明されています。

The witch escaped her chains. 魔女が鎖から逃げた。

Clear the path! 道を開けろ!

金庫ごと金貨を盗むシーンです。

The mark of treason. 反逆者の証だ!

treasonは「反逆者」「反逆罪」の意味です。