【ディズニー映画】シンデレラ(2015)を見た感想「美しい映像と素晴らしい心情表現」

この前、映画シンデレラを見ました。

童話で有名なシンデレラですが、実写化された映画がシンデレラです。

童話では、シンデレラはただ王子様という「かっこいい」存在であるがゆえに恋をしたわけですが、この映画ではシンデレラと王子様が恋をする過程が描かれており、見ごたえがあります。

シンデレラの変身シーンや美しい王子様の王国など、美しい映像美も注目です。

ストーリーに奥行きを持たせた

原作からストーリーの深みが増した

シンデレラといえば誰もがストーリーを知っている作品のため、ストーリーの流れや結末は誰もが知っています。

しかし、この映画は「あのシーンをこうやって映像化したのか、、」と関心させられる場面が多いです。

シンデレラが王子様に恋をするまでの過程が丁寧に表現されています。

恋人と見るのがおすすめ

ただしシンデレラの心情に共感しすぎて、劇中ではかなりつらくなってしまう時もあるのが要注意です。

シンデレラには何度も窮地が訪れます。

シンデレラが苦しい時に、王子様が心の支えになり、見ている側としては、王子様がかなり頼もしく見え、惚れてしまうこと間違いなしです。

誰か、特に恋人と一緒にみることをお勧めします。

シンデレラと同じ気持ちになり、映画を見ている間は2人の感情が同じになるため、恋人との一体感を感じられます。

もちろん映画を見終わった後に作品について語り合うこともできます。

シンデレラの成長

また、シンデレラ自身の成長も見どころです。

初めは亡くなった両親が大切にしていた「家」を守るために継母からのいじめにただただ耐えているだけのシンデレラでしたが、ある時に「勇気」を持って継母に対抗します。

「優しさ」と「勇気」どちらも持つことが成長であると考えさせられる作品です。

人間は年を重ねていくにつれて、「変な勇気」を持つことがあります。

  • 少しイラッとしただけで、親しい人、立場が下の人に怒ってしまう
  • 少し気に食わないだけで、自分の意見を通そうと傲慢、頑固になる

私も気を付けなければならないと思います。

自分や自分の親しい人が傷つけられたり、危険な目に合っているときは、シンデレラのように勇気をもって行動、時には対抗することが重要だと思いました。

自分が気づつけられているのに、何も言わない、行動しないままだとその辛い時間は長引くだけで、シンデレラのように行動すれば早く辛い思いから解放されます。

人間は幸せになるために生まれてきたのですから、優しさ「だけ」では幸せになれません。

幸せになるために自分を磨き、身も心も成長していくことが大切なんだと改めて感じました。

自分が幸せになって初めて、他人に優しくできるからです。

素晴らしいキャスト陣

ケイト・ブランシェット

悪役が多く、強敵な感じを表現することが上手いケイト・ブランシェットが継母役です。(声が低いから悪役が多いのかな、圧倒的な存在感を出す演技もうまい)

ケイト・ブランシェットといえば、

  • ヘラ「ソー バトルロイヤル」(ソーとロキを圧倒する強さ)
  • ルー・ミラー「オーシャンズ8」(スカジャン姿がめっちゃかっこいい)
  • イリーナ・スパルコ 「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」(かっこいい軍人役)

といったように悪役が多いイメージです。

リチャード・マッデン

恥ずかしながら、リチャード・マッデンを知ったのは最近で、映画「エターナルズ」のイカリス役で初めて彼を知りました。

エターナルズの少しネタバレになりますが、イカリスの役柄的にあまりいい印象を持っていなかったのですが、このシンデレラの王子様がイケメンでいい奴すぎて、男でも惚れそうになるキャラクターのため、彼の好感度が爆上がりしました(笑)

本作で、リチャード・マッデンの衣装は幾度も変わりますが、どの衣装も素敵です(笑)

リリー・ジェームス

もちろん、主役のリリー・ジェームスも様々な衣装を着こなしますが、どの姿も美しく、似合っています。

ガラスの靴を現実世界で履いて似合うなんてかなりのルックスの持ち主です。

ステラン・ステルスガルド

  • ビル・ターナー「パイレーツオブ・カリビアン」
  • セルヴィグ教授「マイティ・ソー」
  • ウラディミール・ハルコネン男爵「DUNE/ デューン砂の惑星」

数々の作品に出ている役者で、特にデューンのハルコネン伯爵の悪役は、印象に残るキャラクターです。

シンデレラでは代官役で、いい役ではありませんでした。

登場シーンは少ないです。