ウィッチャーの各流派まとめ「各流派の誕生と衰退」

この記事では、ウィッチャーの各流派について解説していきます。

ウィッチャーは流派によって考え方や訓練の内容は異なるが、いずれの流派も人里離れた場所に本拠地を構えて、技術と技能を磨いてきました。

この記事では、

  • ウィッチャーはなぜ誕生したのか
  • ウィッチャーの各流派の考え方や戦闘スタイルの違い

が分かる内容になっています。

ウィッチャーは「魔術師の騎士団」から生まれた

10世紀に創設された魔術師の騎士団から分離した学校は、新しい世代のウィッチャーを育成し続けた。

10世紀に王とその傘下の魔術師たちは、北方諸国の人間たちがこれまで征服できなかったモンスターを封じ込め、倒すための魔法を使う騎士団を作ろうという試みがあった。

そうしてできたのが「魔術師の騎士団」であった。

「魔術師の騎士団」の本拠地であるモーグリグ城

モーグリグ城はケストレル山脈にある廃城で、後に「魔術師の騎士団」の本拠地となりました。

アルズール、コジモ・マラスピーナ、そして他の魔術師たちは、ザブラザーフッドオブソーサラーズが彼らを実験の失敗とみなし、リスバーグから追放した後、そこに魔術師たちを連れてきた。

城は魔法使いたちの住処となった。冬の間、彼らは戻り、亡くなった人々を悼み、”道 “で過ごした日々の物語を分かち合った。この数年の間にアルズールとコジモは去った。

教団が様々な魔法使いの学校に分裂し始めるとその住人は去り、城は再び廃墟となった[1]。

彼らは北のモルヘン渓谷の洞窟に定住することを決めた[1]。

当初は「変異」はうまくいってなかった

当初は、「変異」はうまくいかなかったが、アルズールを含む少数の反逆者が密かに実験の継続に興味を持つ君主に協力し、最終的な「試練」と「変異」が確立された。

「騎士」の価値観を捨てた魔術師が「ウィッチャー」になった

しかし、「魔術師の騎士団」は長くは続かず、教団員は当初の「騎士」としての価値観のほとんどを捨て、やがて、よりモンスター退治に特化した専門家を目指す、少数のウィッチャーの各流派に分裂していった。

ウィッチャーの各流派のほとんどは13世紀前半まで様々な人間の攻撃によって崩壊していたが、少なくともいくつかは再建され、14世紀になっても機能し続けている。

ウィッチャーの各流派まとめ

ウィッチャーの流派は、以下の8つあります。

  • 狼流派
  • 猫流派
  • グリフィン流派
  • 熊流派
  • 蛇流派
  • マンティコア流派
  • 鶴流派
  • オオヤマネコ派

猫流派

猫流派の装備を身につけているゲラルト
猫流派の装備を身につけているゲラルト
本拠地 ダインマーブキャラバン、スティンガ城塞(旧)
所在地 ノマディック
設立者 ゲズラス(ディンマルブ支部創設者)
前身の組織 魔術師の騎士団

騎士団から分裂して猫流派が誕生

猫流派のウィッチャーは、かつてのに対する学生の反乱をきっかけに結成された流派のウィッチャーです。 

猫流派の祖先といえる初期のウィッチャーは、15人から20人の「魔術師の騎士団」のメンバーでした。

アルナガドが騎士団の仲間に暴力を振るったことで起こった騒動と、熊流派と蛇流派の誕生に伴って、騎士団の中で論争が起こりました。

このとき、10人ほどの若い騎士団員たちは、突然変異を改善しました。

彼らは夜中に「魔術師の騎士団」の本拠地であるモーグリグを出発し、変異原に必要な化合物と錬金術の道具を盗み出しました。

猫流派の本拠地

すでに「猫」のシンボルで呼ばれていたとされる一団は、エビングの人里離れた山中にある城塞、スタイガ城に本拠地を構えました。

エビングは地図の下の方。

参照元:Wikipedia

エビングはニルフガード帝国に従属する最大の国家の一つであるが、公式には自治権を持つ王国として運営されています。

河川の合流地点に位置し、大海に面しているため、沼地や湿地帯で知られている。

古くからノルドリングの地図製作者の多くはエビングを大陸の最南端とみなし、ジェメラやさらに南の土地は別の大陸に属すると主張してきた。

スティッガ城は、エビングのどこかの湖を見下ろす崖の上にある広大な城塞であったが、最終的には1268年にロッジ・オブ・ソーサレスによって破壊されました。

政治にも関わっていた猫流派

この新しい活動拠点から、「猫流派」は単なる訓練施設としてではなく、政治にも関わっていました。

様々な支配者の好意を得るために、学校の主人たちは中立の方針を拒否し、弟子たちをスパイ、暗殺者、雇われ剣として送り込んだ。

ウィッチャーはモンスター退治や地元の盗賊に対処していたため、猫流派は地元の平民の尊敬も得たようです。

猫流派が崩壊して数世紀経った今でもペレプルート沼地の人々はウィッチャーを尊敬しているそうです。

学校の成功は一時的なものであった。

猫流派ウィッチャーの衰退

改良された全く感情のないウィッチャーを作るもくろみは、最初はうまくいきました。

スティッガ城で作られた最初のウィッチャーはほとんど感情を剥奪され、ほとんど異質な人種のようでした。

それでもウィッチャーたちは満足せず、彼らは新しいプロセスに取り組み、通常よりもさらに強力なウィッチャーになろうとする者の感情を鈍らせるように設計した。

ウィッチャーたちは猫流派の主人から自由裁量権を与えられたようで、感情を鈍らせるどころか高めてしまった「失敗作」の学生を檻に入れ、最終的な解決策を導き出すために生体解剖を含むさらなる試験を行いました。

猫流派から出ていったウィッチャーのゲズラス

ゲズラスという名の学生は、かろうじて生きていたものの、捨てられた死体の山の中で目を覚まし、なんとか這い出て生き残った「被験者」たちを解放することに成功しました。

奇跡的に脱出できた彼らは、地元のアエン・シーデ族に保護され、過去の過ちを廃絶しようとする者たちから安全な保護区を提供されました。

ゲズラスのグループはエルフのゲリラ戦に協力しました。

エルフのために働く猫流派のウィッチャーは、ただでさえ評判の悪かった猫流派のウィッチャーに拍車をかけ、王室ではますます悪名高い存在となりました。

やがて、王や女王たちは警戒を強め、分裂を知らないまま、スティッガ城への襲撃を計画し始めた。

王家の軍隊が集結すると、やがてゲズラスの一団が城塞に潜入し、夜陰に乗じて見当違いの創造者を攻撃し、眠っている魔道士を殺戮することに成功した。彼らが去った後、老猫のウィッチャーはたった一人で迫り来る軍勢に立ち向かった。

3日間、血にまみれた殺戮が続いたが、最終的に最後の一人の防御するウィッチャーが死んだ。

キャラバン

ダイナマーブキャラバンは、スティッガで座を追われた後、猫流派の訓練所となっていました。

1272年以前のある時期、兵士たちがキャラバンを奪った。

復讐に燃え、過去から解放されたゲズラス率いる生き残ったウィッチャーは、他の流派からの反逆者やひどく変異した追放者で隊列を補強しながら北上した。

彼らは集まってダイマーブキャラバンを形成し、ゲズラスのグループが魔導師から逃れたことに彼らの始まりを見た遊牧ウィッチャーとしてスティガン創設者の伝統を拒絶した。

長年にわたり、旅するウィッチャーの一団は、お金を払える人なら誰にでも、どんな仕事でもその技術を売っていた。

キャラバンは、歪んだ実験的な方法によって突然変異が行われた数々の隠れ家に滞在した。

腐敗した試練と、様々な訓練所の熟練者に染み付いた攻撃的な性格が相まって、彼らは徐々に他の流派から軽蔑されるようになった。

1060年代、猫流派のメンバーは、人間の支配に対するエーリレンの反乱に協力した。

エーリエレンは、エリレナまたはシェエラウエッドの白いバラとも呼ばれ、およそ1060年代に、侵攻してきた人間に対して最後の絶望的な戦いを指揮したエルフであった。

狼流派との強力

12世紀末のある時期、ダン・マーブは狼流派のサマーキャンプに近いヘルテックに居を構えた。

それ以来しばらくの間、狼流派と猫流派はケイドウェン王室によって資金提供されていた。

生徒の交流が行われ、年配の魔法使いの中には互いに親交を深める者もいた。

しかし、当時のリーダーであったトレイズを中心とする学校内の一部が、ラドウィット2世の魔術師アストロガルスとともに、狼流派に対する陰謀を企てていたのだ。

アストロガルスは、猫流派にケイドウェン内のモンスター退治を独占させることを約束した。

トレイズは、ケイドウェンに協力して狼流派を退治すれば、国王に従う新たな「魔術師の騎士団」で特別な地位を得られると確信した。

謀略を知らないグザートらはラドヴィットの部下に逮捕されました。

ウィッチャー・トーナメントで猫流派が武装解除した狼流派を攻撃した直後、ケイドウェンの王は猫流派を裏切り、部下に狼流派と猫流派どちらのウィッチャーも殺すように命じました。

マウスサックはゲラルトを助けて混乱から逃れた。

13世紀の猫流派

しばらくして釈放されたグザートは、ラドウィットの「二度と王室の金を渡さない」という条件のもと、猫流派を再建することになったそうです。

 また、陰謀に加担したと思われる一部の猫流派は、ケィア・モルヘンに入ることを永遠に禁じられ、ケィア・モルヘンで冬を暖かく過ごすことができなくなりました。

猫流派の訓練

猫流派は、スピード、正確さ、敏捷性に重点を置いた戦闘スタイルを開発しました。

そのひとつが、エルフのニセイルが考案したアダンアエニである。

その結果、猫流派のウィッチャーの戦術と装備は、直接的なダメージ量は多くないが、致命的なクリティカルヒットを与えることができるスタイルです。

その延長線上で、彼らの装備は柔軟性を最大限に高め、可能な限り大きな可動域を提供するよう設計されている。

猫流派のウィッチャーは定住地を持たなかったので、人間の街でも、どこでも訓練ができた。目隠しをして綱渡りをすることで、バランス感覚を養うのである。

グリフィン流派

グリフィン流派の装備を身につけるゲラルト
グリフィン流派の装備を身につけるゲラルト
本拠地 ケィア・セレン
所在地 コヴィールおよびポヴィス、コヴィールまたはドラゴン山脈の可能性あり
設立者 ラルヴィクのエルランド
前身の組織 魔術師の騎士団

グリフィン流派は、山脈の海端に位置するケィアセレンのコヴィリとポヴィスに本拠地があります。

グリフィン流派の誕生

熊流派、蛇流派、猫流派が設立されるにつれ、「魔法使いの騎士団」は弱体化していった。

ラルヴィクの魔法使いエルランドは、教団の本来の目的と理想を風化させないと決意、13人の親しい友人たちととものに東のケィアセレンに向かった。

そこは、かつてアルズールとその仲間たちが、ウィッチャーを生み出すためのテストに使用した要塞である。

その要塞は空気魔法の合流地点にあるため、実験に失敗した霊が取り憑いていた。

その霊を処理した後、グリフィン流派の本拠地になりました。

グリフィン流派の価値観

グリフィンはウィッチャー教団本来の「騎士」の価値観を守っていた。 

アーランドはかつての剣の師であるタリエシン・ブレディン・ヨラス・アープ・リウェリンの理想に触発されていたためである。

ウィッチャーたちは彼をグリフォンと呼んでおり、彼と彼の教えを称えて、学校はグリフィン流派と名付けられた。

彼らは魔術師長とともに、魔術、心構え、柔軟性に重点を置いた新しい学問を創り上げた。

年配の魔法使いは、他の魔法使いの手本となる存在でした。少年が訓練中に死亡した場合、彼は墓地にきちんと埋葬された。

グリフィンの魔法使いは、その力の絶頂期に大きな尊敬を集め、グリフィン流派のグランドマスターは支配者の宮廷に呼び出され、助言を与えることさえあった。

グリフィン流派は「Liber Tenebrarum」という重要な魔導書を所持していました。

グリフィン流派のウィッチャーであるケルダー老人は、「Liber Tenebrarum」を愛読しており、全ての内容を暗記していたそうです。

時代を経て、魔法の研究と複数の相手を重視する戦い方で他の学校から尊敬を集めた。

グリフィン流派が知識を共有しないことに怒った魔道士の集団は、嫌がらせのため雪崩を起こし、数人のウィッチャーを殺害し、ケィア・セレンに大きな被害を与えました。 

この影響でウィッチャーのコーエンはケィア・モルヘンで冬を過ごさざるをえなくなった。

グリフィン流派のウィッチャー見習いは、最後の試練をクリアするためにグリフィンの卵を見つけるか、「Liber Tenebararum」の全文をそのまま暗唱するかの2つの選択を迫られる。

これまでのウィッチャーは全員グリフィンの卵を見つける方を選んだそうです。

グリフィン流派の戦闘スタイル

グリフィン流派の装備は中程度の重さで、装備した者の「印」の強さを増幅させます。

そのためグリフィン流派のウィッチャーは魔法の使用に特化していました。

熊流派

熊流派の装備を身につけるゲラルト
熊流派の装備を身につけるゲラルト
本拠地 ハーン・カドゥフ
所在地 アメル
設立者 アルナガド
前身の組織 魔術師の騎士団

熊流派は、スロープにあるとされるアメルのハーン・カドゥフ砦に本部を置くウィッチャーです。

熊流派の誕生

熊流派は、「魔法使い騎士団」から分裂した最初のグループによって設立された。

ウィッチャーのアルナガドは同じウィッチャーのリースを襲い、危うく命を落とすところだった。

他のウィッチャーが彼を罰することを予期して、彼は兄弟を率いて騎士団の砦に到着した。

その後、騎士団との戦いでは負けてしまったため、アルナガドとアイヴァー・イビルアイたちは騎士団を去った。

彼らはアメル山脈に住み、この地域のドワーフやノームと接触するようになった。

熊流派内での分裂

熊流派が誕生してからしばらくして、アイヴァーはグランドマスターのアルナガドを始末しようと考えた。

アイヴァーがビジョンで見たワイルドハントを排除しようと考えている一方で、アルナガドはウィッチャーはモンスターを退治するためだけに働くべきと考えていたため、二人の考え方は割れていました。

アイバーはアルナガドを殺したが、熊流派を乗っ取ることには失敗したため、熊流派を離れることを余儀なくされました。

アイヴァーたちはこうして蛇流派になって出ていったが、この分裂の中にいたイワン率いる別のグループは蛇流派が設立される前に分裂し、最終的にマンティコアの学校を設立した。

熊流派の衰退

熊流派が吸血鬼の陰謀団を滅ぼすという契約に失敗した後、熊流派は機能しなくなった。

戦乱の続く地方では、人々の不満が爆発し、暴動が起こった。

やがて周辺の村々は、ウィッチャーよりもモンスターと山を共有したいとして、熊流派を破壊するために団結する。

熊流派のウィッチャーたちは、お互いに兄弟のような絆を持たず、熊流派自体に対する忠誠心もなかった。

彼らは人間から熊流派を守るために死ぬよりも、決別することを決めた。

熊流派の本拠地は荒廃し、時間と風雨に埋もれてしまったが、長年のメンバーの中には再びウィッチャーが必要となり、再び天守閣を占拠するために戻ってきた者がいると考えられている。

熊流派の試練

山の試練に合格しなければならない。

これは、ゴルゴン山の頂上まで行き、登頂の証となる特別なルーンストーンを取ってこなければなりません。山頂に着く前に凍死してしまう少年も多く、過酷な試練であった。

熊流派の特長

熊流派のウィッチャーは、狼流派やグリフィン流派とは異なり一匹狼で、仲間との強い絆を作らない傾向があるため、偶然出会った熊流派のウィッチャー同士が流血することさえある。 

これは、ウィッチャーは本業のモンスター退治にのみに集中すべきという熊流派の創設者の哲学によるものである。

創設者のアルナガドはどんな規範や騎士の美徳も、エゴを満たすためのものだと考えており、そのため何よりも自律を好んだのである。

熊流派の全盛期には、熊流派のウィッチャーはしばしばスケリッジに足を運んだが、その理由はモンスターの多さと島民の考え方が自分たちと似ていたためである。

熊流派の戦闘スタイル

重厚な鎧を身につけ、敏捷性よりも防御を優先する。

猫派と並んで、狩りでクロスボウを使用するウィッチャーとして知られている。

熊流派の本拠地

本拠地であるハーン・カドゥフ砦は住みにくいところだった。

山の寒さと雪のために、少年たちは囲炉裏の近くに身を寄せたり、たくさんの毛皮の下に寝なければならなかった。

そうしないと、凍傷や低体温症になってしまうのだ。

また、中庭の雪下ろしも欠かせない。このような環境のおかげで、熊流派のウィッチャーは他の流派の同胞と比べても並外れた持久力を持つようになった。

蛇流派

蛇流派のウィッチャーであるレソ
蛇流派のウィッチャーであるレソ
本拠地 ゴートゥール・グヴェッド
所在地 ティル トーチェア
設立者 アイバー・イビルアイ
前身の組織 熊流派

蛇流派は、ティル・トヘア山脈の深い谷間のどこかにある砦、ゴルトゥール・グヴェードに本部を置くウィッチャーである。

熊流派の設立者であるアルナガドはアメル山脈に居を構えました。

蛇流派の誕生

今度は熊流派のウィッチャーのアイヴァーがアルナガドを裏切り、蛇流派を設立しました。

蛇流派のウィッチャーはモンスター退治だけでなく、人間や非人間との契約も受け付けていた。

アイヴァーの大きな目標は、ワイルドハントを倒すことであり、彼一人ではできないので蛇流派を設立したのである。

蛇流派はワイルドハントに関する書籍と巻物のコレクションを集めていました。

そのため全ての蛇流派ウィッチャーがワイルドハントに関する膨大な知識を持っていました。

蛇流派の衰退

蛇流派のウィッチャーは、報酬のためにターゲットを殺すことはあっても紛争に参加することはなかったため、衰退していった。

蛇流派の訓練

蛇流派ウィッチャーの見習いには一匹ずつペットが与えられ、訓練を通して強い絆で結ばれていく。

数年後、一人前のウィッチャーになる前に、そのペットを屠殺することを命じられる。

蛇流派の特徴

ヴァイパー・スクールのメンターは、生徒に対して特に冷たく冷酷であった。

その理由は、これからウィッチャーになる者たちが待ち受けている過酷な人生に備えるためであった。

蛇流派のウィッチャーは、2本の小さな刃を使い、モンスターを暗殺する方法を訓練していた。

彼らの戦闘スタイルは、2本の刃を使ったしなやかで予測不可能な動きです。

蛇流派のウィッチャーのもう一つのスタイルは、ターゲットを圧倒するための高速猛攻撃です。

マンティコア流派

マンティコア流派の装備を身につけるゲラルト
マンティコア流派の装備を身につけるゲラルト
本拠地 ベヘルト・ナール、ビアスフ・アルザリア
所在地 コラス砂漠
設立者 イワン
前身の組織 熊流派

マンティコア派は、東の果て、コラス砂漠の端に本部を置くウィッチャーの流派の一つです。

マンティコア流派の誕生

アイヴァー・エヴィルアイが 熊流派で分裂を起こした頃、アイヴァーのグループは分裂し、さらにグランドマスター・アルナガドの哲学に賛同しない者たちが加わったが、その一人がイワンだった。

イワンは、蛇流派を設立するためにティル・トヘア山地にある噂の要塞に向かったが、蛇流派のアイヴァーの考え方に賛同できないことに気づき、さらに分裂しました。

イワンたちは、ティル・トヘア山地のエルスカーデグ峠に向かいました。

この峠は悪名高いコラス砂漠の端にあり、ゼリカのキャラバンは大陸西部との交易のために定期的にこの危険な地域を通ろうとする。

イワンと彼の仲間の魔法使いは短期間のうちに、砂漠を行き来するキャラバンを安全に護衛するために、単なる狩人から熟練した守護者へとなっていきました。

マンティコア流派の全盛期

ある日、砂漠でゼリカン王国のキャラバンがマンティコアに襲われているのを見つけたイワン一行は、急いで助けに入る。

モンスターを倒した後、彼らはキャラバンがアレトゥザにある魔道士に会いに行くことを知り、その中にゼリカン女王の宮廷魔道士ナシラ・フェイザンがいることを知りました。

ウィッチャーの腕前を見たナシラは、彼女を無事にゼリカニアに帰すことができれば、相当な報酬と女王への謁見を約束し、彼らは快諾しました。

ゼリカニアの首都に着くと、魔術師は「アルカティル」の活躍をすべて話し、女王は提案しました。

もしウィッチャーたちが王国のためだけに働き、商人のキャラバンや使者を守るなら、ゼリカニアは砂漠の両脇に城を建ててマンティコア流派の城を設立することを提案しました。

ウィッチャーたちはこれに同意し、2つの城が建設された。西のベヘルト・ナルと東のビアルスフ・アルサリアであり、後者はイワンが滞在していた。

イワンは後にイマド・アセムと名を変え、ゼリカン女王の専属のウィッチャーとなった。

マンティコア流派の戦闘スタイル

ナシラはイワンとともに、長年にわたって突然変異のプロセスを再現してきた。

ナシラとイワンはゼリカニアの有名な女性戦士にこの突然変異を適用しようとしたが、実験はうまくいかなかった。

防御とポーションの使用に重点を置いた訓練を行った。

隕鉄と銀で作られた特殊な盾を装備した。

マンティコア流派の衰退

1146年の秋、ゼリカニア女王は息子とメティナ王女との結婚を取り決めるため、王室キャラバンを組織した。

多くの王族とゼリカニア宮廷が行くため、砂漠を横断するキャラバンを守るためにウィッチャーのほぼ全員が招集され、高齢にもかかわらずイワンも行くことにした。

しかし、後に「火の日」と呼ばれる出来事が起こったのは、キャラバン隊が火の山脈を通過するときで、そこで高くそびえる火のエレメンタルに遭遇したのである。

マンティコア流派のウィッチャーは、そのような脅威に対する準備ができていなかった。

戦いが終わる頃には、ウィッチャーのほとんどが殺され、王族の半分とゼリカン宮廷の3分の1が殺された。

このため、ゼリカニアはわずかに残ったウィッチャーを敬遠し、代わりに西への安全な海路を探すことに重点を置いた。

ゼリカニア王家の支援を失ったことで、残った数少ないマンティコア流派のウィッチャーは衰退していった。

その後のマンティコア流派

1201年、メンバーの一人であるメルテンは、グランドマスターギアの鍛造を依頼するため、伝説の武器商人タイエンセイルを頼ってトゥサンに渡った。

しかし、彼はレビオダの教えを受け入れることになる。シャベルの洗礼を受け、ウィッチャーの過去を捨て、司祭となった。

1272年までには、わずかに残ったマンティコアのウィッチャーは生計を立てるためにモンスター狩りに戻り、冬になると西の要塞ベヘルト・ナールに戻ってきた。

狼流派

狼流派の拠点であるケィアモルヘン
狼流派の拠点であるケィアモルヘン
本拠地 ケィアモルヘン
所在地 ケイドウェン
歴代リーダー バルマン、デグラン、レンヌ、ヴェセミル、エスケル
前身の組織 熊流派

狼流派は、ケイドウェンのケィア・モルヘンに本部を置くウィッチャーである。

結成の経緯

バーミンは、ヴェセミルの師匠であり家庭教師であった狼流派のウィッチャーであり、ケア・モルヘンに狂信者が襲撃してきた際に殺されました。

狼流派が誕生したのは、「魔術師の騎士団」はほとんど分裂したことでした。

最後にモーグレイグに残ったのは小さなグループだけであり、彼らはモーグレイグを離れ、東に向かった。

11世紀にはケィア・モルヘンの建設が終わり、狼流派がそこに住み着いた。

狼流派が激減した2つの大虐殺

12世紀後半、魔道士と神官を中心とした怒れる民衆がケィア・モルヘンを大襲撃し、ケィアモルヘンにいたウィッチャーはすべて殺された。

それ以来は、狼流派と猫流派はケイドウェンの君主によって資金提供されていた。

猫流派と狼流派のウィッチャー同士は交流が行われ、年配のウィッチャーは互いに親しくなったが、ほとんどの生徒がお互いを信用せず、しばしば乱闘や言い争いに発展した。

ウィッチャートーナメントの期間中、ラドウィット2世の策略で、狼流派と猫流派共に虐殺されました。

鶴流派

所在地 東部海岸、シルク諸島、大海原
主なメンバー ステファン・ザ・クレイン
前身の組織 魔法使いの騎士団(間接的)

現存

鶴流派は、第二次大戦後(に設立されたウィッチャーの学校で、東部海岸かその近海のどこかにある。

1270年代[1]から1370年代[2]の間に起こった「第二次球体合流」は、昔と同じように複数の次元と時間軸が交差し、新しい存在と可能性を世界にもたらした出来事。

剣と初期砲の両方に長けています。

海の怪物と戦うことを想定して、この流派のウィッチャーは長いロープを用意し、その一端を船のマストに、もう一端を手足と頭以外の全身を覆うぴったりとした防護服に結びつけます。

このような戦闘を想定していない場合、彼らは目立った鎧を身につけず、剣と銃のためのベルトだけを身につけることを好む。

テイルズフロムザウィッチャーの世界の1話にのみ登場する学校です。

オオヤマネコ流派

ウィッチャーの最新作に登場するそうです。

詳細は何もわかっていません。