【ウィッチャー3:無情なる心】ゴウンターオーディムの正体を解説

ゴウンター・オーディム

この記事では、「ウィッチャー3」のダウンロードコンテンツ第一弾「無情なる心」のストーリーで登場する「ゴウンター・オーディム」というキャラクターの正体について解説していきます。

【ウィッチャー】ゴウンター・オーディムについて解説

ゴウンター・オーディムは、かつては「鏡の達人」、「鏡の帝王」と呼ばれ、人と魂を交換する契約を結び、手を叩くだけで時間を操ることができる強力な人物です。

ゲラルトと出会う前のゴウンター・オーディムについて詳しく語られていませんが、かつて鏡商人であったが戦争のせいで浮浪者になってしまったと述べている。

ゴウンター・オーディムとゲラルトの出会い

ゴウンター・オーディム

1272年5月、ホワイトオーチャードの宿屋を訪れたガウンター・オディムは、イェネファーを探していた魔法使いのゲラルトに声を掛けられる。

オーディムはウィッチャーに酒をおごるよう頼み、吟遊詩人であるダンディリオンの詩からゲラルトとイェネファーのことを知ったことを話した。

ゲラルトがイェネファーを見たかどうか尋ねると、オーディムは地元で聞いた噂を話し、近くのニルフガード駐屯地に行って捜索を続けるようにと助言した。

彼は、いつかゲラルトの助けが必要になるかもしれないから報酬はいらないと言い残し、忽然と姿を消した。

ゴウンター・オーディムの能力

魂を奪うオルギエルド
魂を奪うオルギエルド

ゴーンター・オディムの正体は「ウィッチャー3:無情なる心」のストーリーをプレイしても謎のままです。

  • 魂を奪い
  • 願いを叶える
  • 物事の本質を見抜ぬける
  • 幽霊を苦しめる
  • 時間そのものを操ることができる

といった強力な存在です。

オーディムはゲラルトに自分の本当の名前を明かすことを拒み、それを知った者は恐ろしい運命に見舞われると警告してます。

時間を止めるオーディム

時間を止めるオーディム
時間を止めるオーディム

「無情なる心」のストーリーの中では、酒場「アルケミー」でゲラルトとオーディムが会話するシーンがあります。

オーディムは、酒場の酔った客に酒に誘われたことでイライラを我慢できなくなり、ゲラルトと話をするために時間そのものを止めてしまいます。

オーディムは、時間を止めた隙に酔った男の目にスプーンを突き刺して殺害している。

ゴウンター・オーディムの悪魔の契約

ゴウンター・オーディムは、「魂を対価とする取引」であれば、誰とでも取引します。

また、魂を対価とする取引であれば、誰とでも取引します。

オーディムの取引の際、「オーディムが提示する条件」や「言葉遊び」には、抜け穴があります。

オルギエルドとオーディムの取引

オルギエルド
オルギエルド

オルギエルドは、オーディムと「オルギエルドの富と権力の回復させる」という取引をして、再び貴族となり、貴族の愛人と結婚しました。

しかし、オーディムは、願いを叶える前に妻のイリスか弟のヴロジミールのどちらを犠牲にするかをオルギエルドに選ばせます。

オルギエルドは弟のヴロジミールを選び、ヴロジミールはその翌日死んでしまいます。

しかし、欲望を満たしたオルギエルドは、その副作用として「石のような心(無情なる心)」を持ち、時とともに感情を失い、ついには妻を死に至らしめました。

ゴウンター・オーディムの正体

オーディムは、自分は悪魔でもジンでないこと、依頼人の負の意思によって依頼人が苦しむのは自分のせいではないこと、オーディムは依頼人が望んだものをそのまま与えていることをゲラルトに説明しました。

オーディムは自分が何者なのかを問われると、深刻な表情になり、自分の名前を知っている者は気が触れたか死んでしまったので、教えないことで慈悲を与えているのだとゲラルトに告げました。

シェイクスロック教授のオーディムに関する説明

シェイクスロック教授
シェイクスロック教授

オーディムに関する情報を探していたゲラルトは、シャニの助けにより、オクセンフルト学院のシェイクスロック教授を訪ねます。

シェイクスロック教授は「数え切れないほどの書物に目を通し、不明瞭な事件を掘り下げ、民間伝説を分析した」結果、オーディムは「悪の化身」だと考えるようになりました。

シェイクスロック教授は、オーディムは数千年前にさかのぼり、異なる文化圏に存在した記録があり、人間の問題に干渉し、魂を奪い、災いをもたらすことを好むと言います。

「ゴウンター・オーディム」は、多くの名前のひとつに過ぎないと説明した。

オーディムには弱点があり、魂に関する契約には誘惑されやすく、常に契約を守らなければならない。

オーディムの悪魔のような見た目

ゲラルトとの勝負(かくれんぼ)に負けたオーディムは蛇のような目を持ち、頬と顎の骨が悪魔のようになりました。

オーディムは別世界の3つの言語でゲラルトに話しかけ、ゲラルトの世界から追放されました。

ゴウンター・オーディムの性格

ルールや約束事には非常に厳しい。オーディムは、自分は決して嘘をつかず、ごまかさず、常に契約を守ると固く主張しています。

また、オーディムはマナーを守り、地域の慣習に従うようにしています。

オーディムは、狡猾で悪意に満ちた性格の反面、他人に対しては驚くほど人当たりがよく、公平で、温厚でさえあります。

オーディムが気に入った相手にはシャニを幸せにするためのアドバイスをしたりと、純粋なアドバイスをしてくれるのです。

ゴウンター・オーディムの元ネタ

『ダークタワー』シリーズの「ウォルター・オディム 」

スティーブン・キングの小説に登場するランダル・フラッグは多くの名前を持っています。

そのうちの一人が 「ウォルター・オディム 」で、『ダークタワー』シリーズに登場する出自不明の超自然的な存在である。

ランダル・フラッグとは

黒衣の男、不老の異邦人、リチャード・ファニン、ランドル・フラッグetc.(Ageless Stranger, The Man in Black)といった名前を持つ。

主人公ローランドの仇敵であり、ローランドの父の右腕として振舞う一方、敵と通じてギリアドを崩壊に導いた。

数々の名前を使い、ローランドの前に現れ対決する。

名前は出生名のウォルター・オディム、ジョン・ファースン以外はすべてイニシャルがR・Fである。『ザ・スタンド_(小説)』、『ドラゴンの眼』などにも登場する。

深紅の王の部下。ローランドは彼を自らの手で打ち倒さねばならないという宿命を背負っている。

参照元:Wikipedia

『ニードフルシングス』のリーランド・ガウンター

また、「ゴウンター」は「ニードフルシングス」のリーランド・ガウンターと共通点があり、悪事と引き換えに人間の願いを叶える邪悪な存在です。

メイン州の田舎町キャッスルロックに、古物屋「ニードフル・シングス」が開店する。

店主リーランド・ゴーントは、客の各々に彼らの特別に強く望む品物(ニードフル・シングス)を提供し、代金をまける代わりに客にある簡単な頼みごとをする。

参照元:Wikipedia

2作品との繋がり

後にCD PROJEKT REDのシニアライターであるKarolina Stachyraによって、彼が確かにこの2人から一部インスピレーションを受けていたことが確認された。

オルギエルドとオーディムの契約は、ポーランドの民話に登場する「悪魔とトワルドフスキ氏」という貴族の間の契約に似ている。

この話では、悪魔が貴族の魂を回収できるのは、貴族がローマを訪れたときだけと定められているが、もちろん貴族はそんなつもりはない。

そのため、貴族はリジム(ポーランド語でローマの意味)という宿屋に泊まり、悪魔が取り立てに来るまでは、盟約から逃れることができる。

同様に、オルギエルドの盟約は、共に月の上に立ったときにのみ果たされる。

これは、オーディムがゲラルトを、床に大きな月のモザイク画がある寺院でだまし、会わせたときに果たされたものである。

トワドフスキーの伝説では、悪魔との取引の後、トワドフスキーは魔法の鏡を使ってポーランド王ジギスムント2世アウグストゥスの妻の亡霊を蘇らせる。

この伝説には、悪魔の爪の中にいるとき、祈り始めたら、悪魔が彼を月に落としてしまったという説もある。

それ以来、トウォドフスキはそこに住むようになったと言われている。

ヴィルヘルム・ハウフの童話「Das kalte Herz」との繋がり

ゴウンター・オーディムの性格は、ヴィルヘルム・ハウフの童話「Das kalte Herz」に出てくる「Holländermichel」と「Glasmännlein」のある側面を表しているようだ。

この童話では、森の慈愛に満ちた精霊 「Glasmännlein」が主人公に3つの願いを叶える。

その後、主人公は悪の魔術師 「ホレンダーミッシェル」と契約し、主人公の心臓を奪い、その代わりに石の心臓と無限のお金を手に入れるのである。