【レビュー】アサシンクリード4ブラックフラッグの感想・評価「カリブの海賊になる」

アサシンクリード4ブラックフラッグは2013年11月28日発売にされたオープンワールドのゲームソフトです。対応機種は以下の通りです。

・PlayStation 3
・PlayStation 4
・Xbox 360
・Xbox One
・Wii U
・Nintendo Switch
・Microsoft Windows

アサシンクリード4ブラックフラッグは、パイレーツオブカリビアンのような海賊映画が好きなゲーマーなら、絶対にハマるゲームです。

海賊船の船長となって、カリブ海の海を自分が思うままに移動することができます。

時には、カリブ海にある古代マヤ文明の遺跡や、海底遺跡に眠る財宝を探す冒険に出ることもあります。

アサシンクリード4ブラックフラッグの感想・評価まとめ

良い点・悪い点まとめ

海賊
良い点・そもそもカリブ海という舞台が最高
・海賊シュミレーションゲームといっても過言ではない
・船のカスタマイズにハマる
・ミニゲームも面白い
・武器や装備がかっこいい
・海戦は他のゲームにはないおもしろさ
悪い点・オープンワールドだがどこでも行けるわけではない
・船の強化のための素材集めが作業的で大変
・トロフィーはオンラインのものもある
・オデッセイ・オリジンズの操作感になれていると操作性は悪く感じる

アサシンクリード4のボリューム

アサシンクリード4ブラックフラッグをストーリーをクリアするまでのプレイ時間は30~40時間ほどです。ストーリーをクリアした後にも「やりこみ要素」は存在します(詳しくは後述)。ここではやり込み要素の1つを紹介します。

ゲーム内である条件をクリアすると「チート」を解放できます。この「チート」は改造とかそういうものではなく、ゲーム内に公式に入っているシステムです。この「チート」を使うと、

「カリブ海をずっと夜にする」

「カリブ海をずっと嵐にする」

「船の船員を骸骨にする」

などといったことができます。ただし「チート」を使っている間はセーブができないので注意が必要です。

カリブ海のオープンワールド

アサシンクリード4ブラックフラッグのゲーム内マップはこちらから。キューバを中心としたマップで広大な海が大半を占めていますが、水中に潜ることができる場所は限られています(詳しくは後述)。

本作はオープンワールドですが、オデッセイやオリジンズのマップようにどこでも行けるわけではありません。例えば森の中は歩ける道や登れる崖は限られており、街では建物の中には入ることはできません。

また、アサシンクリード4では自分の船を持つことができるので、海を渡って別の島に行くことができます。メインストーリーではこのオープンワールドを飛び出して別のマップに行くことがあります。

ファストトラベル

基本的に移動はシームレスですが、船から各町に入るときにはカットが入る地域もあります。広大すぎるのでファストトラベルを使わないと大変です。

メインストーリーのミッション中はファストトラベルが使えなくなる時があります。そのようなときは徒歩や船で地道に移動するしかありません。

海底遺跡を探索

潜水鐘
潜水鐘

本作では「潜水鐘」というアイテムを入手することで、マップ上の一部の海面から海中に潜ることができます

主人公の船から「潜水鐘」を海中に下ろし、鐘の中に入っている空気を吸いつつ、海底を探索します。(海のどこでも「潜水鐘」を下ろせるわけではありません)

「潜水鐘」以外に、船員が投げた空気の入った「樽」を上手く使いつつ海底にある沈没した船を探索していきます。一部の海底では海底遺跡につながっているところもあります。もしかするとその遺跡にはテンプル騎士団がいるかもしれません。

アサシンクリード4ブラックフラッグのストーリー【あらすじ】

私掠船で働く主人公

私掠船の船員時代のエドワード

主人公エドワード・ケンウェイは私掠船(合法的に敵国の船を攻撃・略奪することを許された海賊船)で働く船員でした。

あるときその私掠船とその周辺にいた船は嵐に遭い、運よく生き残ったエドワードとダンカン・ウォルポールというアサシンの2人はある島に上陸します。

その島でエドワードはダンカンを殺してしまいます。

そこでエドワードは、ダンカンのアサシン衣装と荷物を奪ってダンカンになり替わって生きることにします。

テンプル騎士団のトーレス支部長

エドワードはダンカンが持っていた荷物にあった手紙を手掛かりに、キューバに向かいます。

エドワードは、キューバにてダンカンになりすまし、テンプル騎士団支部長であるキューバ総督のトーレスに接触します。

しかしある時エドワードがダンカンではないことがバレてしまい、エドワードはトーレスにより捕まえられてしまいます。

アドウェール

エドワードは同じく黒人奴隷として捕まえられていたアドウェールと出会い彼と共に脱出します。

エドワードはキューバにあった船を奪い、アドウェールはエドワードの船の副官となってエドワードの海賊としての冒険が始まります。

ここからプレイヤーは、自由にカリブ海の海を冒険できるようになります。

アイータというイスと賢者

かつて来たりしもの
アサシンクリードの世界は、普通の人間は知らないが実は第一文明という古代文明があった世界です。その古代文明を支配していたのが「かつて来たりしもの(イス)」という種族です。
イスの頃のアイータ

そのイスという種族は太陽フレアによって滅んだのですが、アイータというイスは自分が死なない体になるための実験で負傷してしまいました。

そこでアイータの妻であるジュノーというイスは、生まれてくる人間のDNAが特定の「らせん構造」になると、アイータの意識を引き継いだ人間として転生するようにしました。(どこのなろう系や)

「賢者」バーソロミュー・ロバーツ

そのような人間を「賢者」といい、アサシンクリード4ではアイータバーソロミュー・ロバーツという人間として転生する。彼はアイータとしてのイスの記憶を持っているため「観測所」の在りかを知っているようです。

イスの遺産「観測所」

これまでにもエデンの果実のようなイスの遺産はゲームに出てきましたが、アサシンクリード4のイスの遺産はこれまでと違い「観測所」というものです。

観測所
「観測所」

この「観測所」という装置のドクロに観測対象の人間の血液を設置すると、その人間が見ている景色、音を反映させる装置なのだ。

テンプル騎士団はこの「観測所」を使って世界を秩序で支配しようと試みる。

主人公であるエドワードはあることからこの「観測所」を探すようになる。

海賊の戦いとアサシンとしての暗殺

主人公の戦い方

本作では主人公にレベルはなく、攻撃力は「武器の強さ」に大きく依存しています。そのため「攻撃力が高く、スピードのある武器」を手に入れるまでは戦闘に苦労します。ゲームの序盤では「暗殺」を積極的に行った方がいいと思います。

また、主人公の使う武器は、

・剣

・ピストル

・アサシンブレード

です。これらを使って戦っていきます。戦闘は「カウンター」「掴み」「基本攻撃」を使って戦っていきますが、ザコ敵の倒し方は決まっています「この敵にはカウンターが有効」「この敵は掴んでから基本攻撃」といった感じです。

アサシンブレードは暗殺時以外にも通常の戦闘時でも使うことができますが、扱いは剣よりも難しいです。そのため私はずっと剣で戦っていました。(主要武器は剣かアサシンブレードのどちらかになります)

このように戦闘に戦略性は余りないですが、遊んでいて戦闘自体はおもしろかったです。これらの武器以外にも「道具」をつかって戦闘や暗殺を有利にすることができます。その「道具」とは、

睡眠の矢(スリープダート)

ロープダート(敵を首つりして殺すことができる)

煙幕(敵をかく乱させて暗殺できる。その場から逃げるときにも使える)

などがあります。ちなみに「煙幕」が便利すぎです。

海戦

海戦

本作の目玉はやはり「海戦」でしょう。敵の船と海戦を行うことができます。主人公の船でカリブ海を冒険しているときに、敵の船に攻撃を仕掛けたら「海戦」の始まりです。ただし警戒地域で船を走らせていると、敵から攻撃してくることもあります

海戦では敵の船に砲撃を行ったりして、敵に船のダメージを削っていきます。敵に船に一定のダメージを与えたら、船に乗り込み乗っ取るか、沈没させます。いづれにしても敵に船から物資を奪うことができ、その物資を使って船のアップデートなどができます。

基本的に海戦は面白いですが、海戦には「攻撃」しかありません。敵からの攻撃を防御する手段がないのが残念です。そのため敵の攻撃にあたらないようにするためには、自分の船のスピードを上げて「回避」するしかありません

アサシンクリードローグについて【比較】

アサシンクリードローグ

参照元:IGN

アサシンクリードローグの戦闘システムと海戦システム、マップは、ほとんど同じです。というかめっちゃ同じです。私はアサシンクリードローグも購入して遊びましたが、アサシンクリード4に似すぎていて遊ぶモチベーションがなくなってしまいました

しかし主人公はアサシンからテンプル騎士団に寝返ったというキャラクターで斬新です。ストーリーはアサシンクリード3、4、アサシンクリードユニティを上手く繋げたものであるため面白いです。

やり込み要素

伝説の船【究極の海戦】

伝説の船

アサシンクリード4ブラックフラッグでは自分の船を強化(アップグレード)していくことができるのですが、アップグレードが完了したら挑むべき相手がいます。それが「伝説の船」です。

「伝説に船」合計4隻(正確には5隻)おり、どの船もカリブ海のマップ上にいます。船を完全にアップグレードした状態でも苦戦する相手です。一度倒してしまうと2度と戦うことができない点が残念ですが、ゲーム中で最も盛り上がる「海戦」です。

ちなみにこの「伝説の船」を倒すことはトロフィーにも入っています。

交易艦隊【戦利品を入手】

交易艦隊

アサシンクリード4ブラックフラッグではオンラインにアクセスが条件だが、「交易艦隊」というミニゲームがあります。「交易艦隊」とは主人公が自分で集めた船を世界各地に派遣して、貿易を行うと言うものです。

船を派遣してから帰ってくるまで、リアルタイムの時間で10時間とか1日とか待つ必要があります。そのためこのミニゲームはオンラインにアクセスしないとできないわけです。
艦隊戦
船を派遣するといいましたが、その船が行く「航路」を安全にしないと、派遣中に船が破損したり、沈没してしまう可能性があります。

そこで船を派遣する前に「航路」を安全にするため、敵の船を排除する「艦隊戦」というミニゲーム(地味に面白い)をする必要があります

こうして航路を安全にしてから船を派遣し、船が無事に帰ってくると「戦利品」を手に入れることができます。「戦利品」とは具体的に以下のようなもので、骨董品アイテムがほとんどです。

自分の船の帆(カスタマイズ用)
自分の別荘に飾れるアイテム(骨董品アイテム)

サブクエストが豊富

・海洋コントラクト:船での海戦

・暗殺コントラクト:想像通り、暗殺任務をします。

・テンプル騎士狩り:ちょっとしたストーリーがあります。

どのサブクエストの報酬も充実しており、報酬は装備や船のカスタマイズなのでモチベーションは上がりますが、サブクエスト自体は「若干」作業的です。

マヤの石像

このほかにもサブクエストではありませんが、パズル(マヤの石像)を解いてマップの各地にある「マヤの石」を集めると言うものもあります。この「マヤの石」を全て集めると装備を手に入れることができます。

自分の別荘を持つ

隠れ家

ストーリーの途中で主人公は自分の別荘(隠れ家)を手に入れることができます。別荘は初めはボロボロですが、お金を使ってきれいに改装することができます

それだけでなく別荘の中には交易艦隊で手に入れた戦利品(骨董品)を飾ることができます

自分の別荘があるグレート・イグアナという島は、島全体が主人公の隠れ家になっており、アイテム屋などを建設し、島を発展させることができます

 

関連記事・古代ギリシャでミノタウロスと戦うアサシンクリードオデッセイのレビュー記事はこちらから

・古代エジプトでクレオパトラに出会うアサシンクリードオリジンズのレビュー記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です