【原作・ゲーム比較】Netflixドラマ「ウィッチャー」でエスケル死亡を解説

Netlixのドラマ「ウィッチャー」のシーズン2ではエスケルが死亡してしまいました。

これはアンドレイ・サプコフスキのによる原作にもCD Projekt Redのウィッチャーシリーズのゲームのいづれのストーリーにもなかった展開です。

ゲームのエスケル

ドラマ版のエスケルはゲーム版と異なりロン毛で顔に傷はありません。

スイスのチューリッヒで生まれたバジル・アイデンベンツという俳優が演じており、有名な映画作品には出演していません。

【ネタバレ】エスケル死亡回のあらすじ

レーシェンと化したエスケル

ドラマでエスケルが死亡する回のストーリーのあらすじを説明します。

シーズン2はゲラルトがシリをケィア・モルヘンに連れてくるところから始まります。

冬はウィッチャーたちが霊薬などを調達するためケィア・モルヘンに皆が戻ってくることになっているため、ゲラルトのみならずエスケルもケィア・モルヘンに戻ってきます

エスケルはケィア・モルヘンにたどり着く直前に樹木の見た目をした怪物であるレーシェン(ドラマではレーシーと呼ばれている)と戦っており、その戦闘のせいでエスケルの肩にレーシェンの枝が突き刺さったまま帰還しました。

この枝のせいでエスケルはレーシェンのような怪物に変身してしまい、ゲラルトは苦渋の決断の末、エスケルを殺します

ドラマ版の脚本家の解説

ドラマ版ウィッチャーの脚本家ローレン・シュミット・ヒスリッヒはYouTubeにあるシーズン2のアフターショー番組にてエスケルの死について解説しています。

本来はエスケルではない新キャラクターを殺すことにしていたそうですが、シリがウィッチャーの修行を始めるための強い動機づけのために、エスケルを殺すことにしたそうです。

ゲラルトがエスケルを殺した後には、エスケルとゲラルトが仲良く会話していた過去の回想シーンが流れたりします。

今後のドラマ版ウィッチャー

今回でエスケルが死亡してしまったということは、今後のシーズン3では原作にもゲームにもないストーリーが展開されるかもしれません。

 

超快適ゲーミングチェアのレビュー

【2022モデルSecretlab】ゲーミングチェアのレビューまとめ「ウィッチャー・DCコミックスデザイン」

  • ウィッチャー
  • リーグオブレジェンド

などの人気ゲームキャラクターのデザインがあるSecretlabの2022年最新モデルゲーミングチェアのレビューも合わせてご覧ください。